• ホーム
  • エステ店舗一覧
  • 噂の口コミ
  • ランキング
  • 基礎知識
性感・回春 メンズリラクゼーションマッサージエステ名古屋 > 風俗エステの第3の選択肢~レンタルルーム~

風俗エステの第3の選択肢~レンタルルーム~

  • メンズアジアンエステ
  • メンズアジアン風俗エステ

新たなる風俗エステとの懸け橋~レンタルルーム~

私たちが風俗(デリヘルなど)を呼ぶ場合、一般的に「ラブホテル・ビジネスホテル・自宅」でプレイを楽しむことになります。

しかし今、「ラブホテル・ビジネスホテル・自宅」の他に、新たなる選択肢が注目を集めているのです。

それが「レンタルルーム」です。

もしかしたら、多くの方がレンタルルームで行われる内容をご存知ないかもしれません。

〇レンタルルームとは

レンタルルームは、「マンションの一室やレンタルルーム用のビルの一室を、利用したい時間だけ借りることができるシステム」をいいます。

簡単にいえば、「数時間だけ借りられる部屋」ということです(カラオケルームのような感じかもしれません)。

そしてレンタルルームはそれぞれ設備が違っていて、ベッドと机だけの部屋もあれば、キッチンやお風呂などすべてを網羅した部屋もあります。

※レンタルームの設備は、会社によって違います。

そんなレンタルルームは、以前から会社のミーティングや趣味友同士の集まりに利用されていたのです。

レンタルームと風俗エステ

では何故、レンタルームと風俗エステ(メンズエステ)が強い繋がりを持つようになったのでしょうか。

風俗店が風俗嬢を派遣する場合、「風俗エステ・デリヘル・ホテヘル」があります。

ホテヘルはお客様が宿泊しているホテルに風俗嬢を派遣するので、レンタルルームを使うことはありません。

デリヘルはお客様の自宅を利用するので、レンタルルームを利用する可能性はあります。

しかし、デリヘルではレンタルルームを利用する機会はほとんどありません。

何故ならデリヘルは責めたり責められたり~かなり激しいプレイが行なわれたり、その過程で大声や大きな音が出る可能性があるからです。

※レンタルルームのメリットには低料金があるため、激しいプレイは周りに迷惑を掛ける可能性があります。

そこで残ったのが風俗エステ(メンズエステ)です。

風俗エステは女性コンパニオンから「マッサージ+手コキ」サービスを受ける風俗ですから、気になるような声は出ません(基本的に男性は女性の身体に触れてはいけません)。

レンタルルームとラブホテルの料金比較

そうした理由によって、レンタルルームと風俗エステの関係が強くなっていったのです。

次に、レンタルルームとラブホテルを利用した場合の料金比較について検証してみたいと思います。

例えば、風俗エステの一般的なコースは60分から90分が相場です。

その時に利用するラブホテル(3時間)の料金は、4,500円前後がもっとも多い傾向にあります。

一方、レンタルルームの場合はどうでしょう。

レンタルルームを1時間利用する場合、料金相場は2,000円から2,500円です。

仮ににレンタルルームの利用時間が3時間になったとしても、料金相場は3,000円から4,000円です。

上記に明記したことからわかるように、風俗エステを利用するうえでレンタルルームがもっとも低料金になるのです。

お客様にとってもプレイする部屋が安ければ安いほど、懐が痛みません。

レンタルルーム利用の流れ

次に、メンズエステのレンタルルーム利用の流れについて説明したいと思います。

まずメンズエステでレンタルルームを利用する場合、最初にメンズエステ店のHPをチェックしてください。

そのHPをチェックすると料金システムや利用の流れの他に、出張可能なレンタルルームの「名称・住所・電話番号」のリストが載っています。

そして、お客様は一番近いレンタルルームに予約を入れます。

それから実際に予約したレンタルルームに着いたら、受付で借りた時間分の料金を支払い部屋に入ります。

ちなみにレンタルルームに空きがあれば、1時間後の予約でも可能です。

もしレンタルルームの予約に不安を感じるようであれば、代行で予約をいれることもできます。

※メンズエステ店の中には、HP上に「こちらで予約することも可能です」と明記しているお店もあります。

どちらにしても、レンタルルームの予約はカラオケを予約するように至って簡単なことだといえます。

女性セラピストがレンタルルームに着いたら

レンタルルームを予約して無事に部屋に入ったら、あとはメンズエステ店から派遣された女性セラピストを待つことになります。

受付による対応は女性セラピスト自身が行ってくれるため、部屋のチャイムが鳴ったらドアを開けて招き入れてください。

それと準備ですが、事前にメンズエステ店で確認してください。

「前もってお客様はシャワーを浴びて待っているのか、それとも女性セラピストがきてから一緒にシャワーを浴びるのか」

そして女性セラピストは部屋に付いたら、ベッドやマットなど備え付けのものにマッサージ前のセッティングをします。

セッティングが終われば、あとは癒しといやらしいプレイを堪能するだけです。

プレイが終わると女性セラピストは部屋から退室しますが、まだ時間が残っているようであれば、部屋でノンビリ余韻に浸ることもできます。

ちなみに部屋に入ってからジュースや飲み物を買い忘れたことに気付いた場合、基本的に受付の人に声を掛けて外出すれば問題ありません。

風俗エステに雰囲気なんて関係ない

上記に明記した内容が、レンタルルームと風俗エステの関係になります。

レンタルルームの内装はホテルの一室というより、どちらかといえばマンションの一室のような感じです。

そのためベッドやシャワールーム等々も付いていますが、かなり簡易的な設備(質素な設備)だと考えてください。

当然のことですがレンタルルームは風俗専用の施設でないので、一見するとムードもないと感じるかもしれません。

しかし女性セラピストによるマッサージを受けていれば、そういう雰囲気はすぐに忘れてしまうと思います。

レンタルルームは、15分や30分単位と短い時間でも利用することができます。

まだレンタルルームを利用した経験がないのであれば、これを機会にレンタルルームに風俗エステの女性セラピストを派遣してもらってはどうでしょうか。

きっとプレイが終わった後、こう感じると思います。

「部屋の設備が簡易でも、女性セラピストのプレイは気持ち良いから関係なかった。」


店舗名で探す

新着店一覧

ページトップへ