• ホーム
  • エステ店舗一覧
  • 噂の口コミ
  • ランキング
  • 基礎知識

射精ができる中国エステ

  • メンズアジアンエステ
  • メンズアジアン風俗エステ

濃厚な風俗サービスが受けられる中国エステ

アジアン系エステのなかで、もっとも濃厚な風俗サービスを受けることができるお店と知られているのが中国エステです。

もともと中国エステは、「チャイエス/大陸系エステ」と呼ばれていました。

※「チャイエス=チャイニーズエステ」

そして、中国エステも「性的サービスを受けられるお店/性的サービスが受けらないお店」がありました。

しかし現在では、中国エステといえば性的サービスを受けられるお店としての認識が高い傾向にあります。

ということでこの項では、性的サービスが受けられる中国エステについて触れてみたいと思います。

中国エステで働いている中国人女性

風俗業界の間で、中国エステで働いている女性はこのようにいわれています。

「彼女たちのサービスはとにかく超エロい!」

そんな中国エステのサービスは、基本的に「オイルマッサージ+手コキ」です。

これだけなら、日本人エステのサービスと何も変わりません。

実は、中国エステにはそれ以上のサービスが行われるお店がほとんどなのです。

例えば「全身リップ・ディープキス・シックスナイン・生フェラチオ・素股」など、ヘルスと間違えてしまうほどのサービスが行われているのです。

とにかく、全体的に濃厚な密着感が楽しめるのが中国エステの特徴でもあるのです。

また以前の中国エステで働いている女性は実際に逢ってみると「看板に偽りあり/パネルマジック」が多い傾向にありましたが、最近は若くて可愛い本物の中国レディが働いています。

中国エステとヘルスの違い

ではここで、改めて中国エステとヘルスの違いについて説明したいと思います。

前項でも触れましたが、中国エステのサービスは基本的に「オイルマッサージ+手コキ」です。

それに対してヘルスは非本番系風俗で、上記に明記したサービスに加え「アナル舐め・前立腺プレイ・コスプレ」などがあります。

つまり、ヘルスは中国エステより多種多様なサービスを提供している風俗店なのです。

しかし、中国エステはヘルスのようなサービスをしているお店が増えているのです。

ちなみに、中国エステで働いている女性について少し触れておきます。

中国エステで働いている女性は、日本でお金を稼ぐために来ています。

それ故、長時間労働もいとわずお客様に対する接客態度も悪くありません。

事実、中国エステで楽しんだ男性はこのような口コミ評判を投稿しています。

「こんな真面目な可愛い娘が、こんなことまでやってくれるんだ!」

ちなみに中国エステで働いている女性は、お客様に対して言葉巧みに誘いながら「ヌキ」や本番行為を誘うのが当たり前になっているようです。

中国エステの料金設定

このように男性にとって至れり尽くせりの中国エステですが、肝心の料金設定はどうなっているのでしょうか。

東京都内の中国エステの基本料金は、「オイルマッサージ+手コキ」が付いて1時間8,000円から10,000円が相場です。

そして中国エステは本番厳禁ですが隠れて本番をした場合、5,000円プラス上乗せして15,000円程度で最後まで楽しむことができるといわれています。

ちなみにお店によっては、若くて可愛い中国人女性がマッサージから本番まで付いて、100分でたったの8,000円という激安価格というところもあるようです。

どちらにしても、日本人デリヘル店が本番行為なしで1時間16,000円を考えればかなりのお得感があると思います。

日本人男性が好む中国エステ

上記に明記した内容が、中国エステの実情になります。

風俗業界は、年々競争が激しくなっています。

そのため中国エステを運営する経営者も、さらに日本人男性が好むサービスを考えているのです。

例えば中国エステとレンタルームが提携して、格安のプレイルームを用意したり…。

もちろんこうしたサービスは違法になりますが、どの中国エステもお客様の側に立ったサービスを考えているのです。

また以前の中国エステは汚くてみすぼらしい雰囲気がするお店でしたが、現在は中国エステのイメージを一新させるような内装にしたり、部屋もモダンな造りにしたりと工夫しています。

このように中国エステは、日本人男性の「手軽に低料金で本番をしたい」という思いにマッチしたお店作りを心掛けているのです。

それと、実際に中国エステを開業している地域について触れておきます。

もちろん、中国エステは日本全国津々浦々にあります。

しかしそのなかでも集中している地域は、「東京都内・関西地区(大阪市内)・東海地方」といった大都市です。

また中国エステは無店舗型風俗店としてデリバリーヘルスの形態をとっているお店が多いため、近隣県や都市に出張可能な店舗が多いようです。

※ちなみに、東京新宿の隣の新大久保界隈に中国エステが増えています。

経営者が見る中国エステの将来

最後に、「どうして中国エステがこれほど店舗を増やしたのか?」について考えてみたいと思います。

デリヘルチェーンを経営する日本人男性は、中国エステについて次のように言っています。

「実際問題、中国エステのなかで完全に健全なお店は少ないと思います。
 仮に表向きこそ健全な中国エステを謳っていても、そこで働いている中国人女性は違います。
 例えばお店に内緒でサービスをして別料金を取ったり、口の堅い常連客だけに特別サービスをしたり…。
 それと中国エステはそうした法の抜け穴を突いたグレーな存在が多いから、法的に縛りのないリラクゼーション店やメンズエステ店を謳っているのです。
 そういうことを考えれば、中国エステはこれからもドンドン店舗が増えていくのではないでしょうか。」

また、日本で実際に健全な中国エステ店を行っている中国人経営者は次のように言っています。

「日本では、これまで以上に健全な中国エステも増えると思います。
 何故なら、健全な中国エステ店でも月1,000万円前後の売り上げがあるからです。
 もちろん健全なお店なので、妙なカラクリがあるわけではありません。
 単純に、日本人のお客さんが中国エステを気に入っているからです。
 需要があるから儲かる、儲かるから店舗も増える…それだけの話です。」


関連記事

店舗名で探す

新着店一覧

ページトップへ